江別市

鮫島邸

2019年4月竣工。木造二階建て。
ご夫婦と二人の息子さん
(3歳と1歳)の4人家族。
もとは金融関係の営業職をしていた旦那様。
マイホームが完成した後、
「家を建てるなら三邦工務店で」
と多くの人に勧めたくなった
そうです。

ー一軒家を建てることにしたのは?

最初は漠然とですけど、賃貸じゃない家が欲しいと思って。子どももいるので、どうせならのびのび過ごせる一軒家がいいなと。それに、マンションだと修繕費用や管理費は住民の数によって変わってきてしまう恐れがあるので、一軒家の方が安心だなと思いました。

ー三邦工務店に決めた理由は?

土地探しを始めた時に、知り合いのツテで「戸建ての勉強になるし、しつこく勧誘しない人なので話を聞いてみてはどうか」と紹介されたのが三邦工務店だったんです。社長と話してみて「この人に家を建ててもらいたい」と強く思って次の日すぐにその旨をメールしました。私は以前営業の仕事をしていたので多くの人に会ってきましたが、普通は営業していて言わないようなことを、社長ははっきり言うんです。「家は自分の希望通り建てても不満は出てくる」とか。だからこそ、「ああすればよかった」と思うようなことをできるだけ少なくするように妥協しない家づくりをするんだと。例えば他社ではいい建材を使うとオプション料金で加算されますが、社長は「うちは家を建てるのに一番いいと思う建材を標準にしているからオプション料金はない」と。家づくりに対して裏表なく話すにもかかわらず、嫌だなと思うことは一つもありませんでした。この人にお任せしたいと思いましたね。

ー実際に住んでみての感想は

うちは予算が一番の優先順位だったんですが、唯一これだけはとお願いしたのが「暖かい家」でした。建坪率の関係もあって吹き抜けは必須なので、暖かさに少し不安はあったのですが、これだけ大きな吹き抜けでも十分に暖かいです。1階も2階も寒くなったら自動で動くパネルヒーターなのですが、冬でも稼働しない日があるくらい暖かいです。窓はトリプルガラスで、これも三邦さんでは標準の建材。見えないところにも高品質の建材が使われていますが、抑えた価格で暖かい家が実現しました。

一お気に入りの部屋は?

パントリーと、2階のミシン室です。壁紙はインテリアコーディネーターの方に相談に乗ってもらいながら決めました。自分たちでは実際の壁をみながら決めるわけではないのでわからないことも多かったのですが、この色はこの場所にあると生活していて落ち着かないなど、プロの目線でアドバイスをもらえたので助かりました。

一三邦工務店にしてよかったなと思うところは

最初は予算ありきで、安くできるところは安いものでいいと思っていたんです。でも、たとえば断熱材など見えないところは後から変更しようと思ってもなかなか変えられないですよね。変に妥協して安いものを標準で使うハウスメーカーにお願いしなくてよかったなと、住んでみてしみじみ思います。アフターケアも気軽に話せて、ずっと長いお付き合いができる工務店さんです。